突然の下半身麻痺








ブログを放置しているにも関わらず気にかけて見に来て下さった方


どうもありがとうございます。




れもんとアンリーの病院通いが続いていて少しは落ち着いてきたと思ったら


今度はナナが、足を引きずるようになって・・・


1日1日、病状が悪くなり あっという間に歩けなくなってしまいました。



IMG_5561.jpg



いつもの病院でレントゲンを撮ってもらうと ヘルニアのようだという事でした。


はっきりした事は、造影剤を入れて検査しないとわからないみたいですが


もうすぐ15歳のナナに危険な検査は、避けたいです。


それから数日、どんどん足の調子が悪くなってきたので、アンリーのヘルニアとは


何か違う!!



病院を変えてみる事にしました。


以前、心臓病でお空に行ったラブが、お世話になった病院に行って来ました。




IMG_5624.jpg



そこで、血液検査をして貰ったら 痛みの数値が飛びぬけて高くなっています。


これはヘルニアだけで起きる数値ではない!


他にも何かあるはずだと・・・


こちらの病院でもレントゲンを撮って貰いました。


背中だけじゃなく胸も撮って貰ったら 腫瘍らしき白い影が2個ありました。



そしてMRIとCTを技術のある病院で撮って貰う事を勧められました。


もうすぐ15歳、麻酔をかけての検査は、危険を伴います。


そのまま目が覚めずに亡くなってしまう事もあるそうです。



先生が原因がわからないままステロイド治療は出来ない!と言って


予定していた通院ステロイド治療が中止になってしまって・・・




リスクを背負ったMRIとCTの検査をお願いすることにしましたが



費用は、10万~12万円


15歳のワンコに必要かどうか? 悩みましたが、今まで胆のうは悪かったけど


とっても元気で、お散歩好きなナナだから


原因がわかって少しでも元気になればと思いお願いすることにしました。



この写真は、5月8日に撮ったものです。



IMG_5581_20160531003536a39.jpg




こんなに元気だったのに



IMG_5584_20160531003537660.jpg





IMG_5529.jpg

れもん&ナナ&ルル





どうして・・・



IMG_5614_2016053100344885f.jpg


アンリー&ナナ



そして 高速を使って東大阪の病院に行って来ました。



ナナも大変でしたが、私にも異変が・・・  もう大変!!




保護犬って素敵だよ 
ちょこっとクリックお願いします 




にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 トラコミュ ワンちゃん、だ~い好き へ
ワンちゃん、だ~い好き 






スポンサーサイト
プロフィール

リリカ

Author:リリカ
大阪より
元保護犬を通して、人も犬も変わっていく姿を見て下さい。
6匹に囲まれた日常生活です。
趣味で毎日パンを焼いています。

ランキングに参加中
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
6ワンの動画
ラッキー・13歳でお空へ・♂
ナナ・15歳でお空へ・♀(7歳で仲間入り)
アンリー・15歳・♀(8歳で仲間入り)
ラブ・9歳でお空へ・♀(4歳で仲間入り)
     
ルル・9歳・♀
れもん・9歳・♀
     
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンリーがお世話になった場所
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR